メニュー

不整脈

次のような症状がある方は受診してください

一般に脈拍が1分間に40以下になると、徐脈による息切れや、めまいなどの症状が出やすくなります。一方、明らかな誘因がないのに、突然、脈拍が120以上になる場合は病的な不整脈の可能性があります。頻脈になると動悸(どうき)や息切れのほかに、時に胸痛やめまい、失神といった症状が出ることがあります。

当院の治療方針

12誘導心電図や24時間心電図などで不整脈診断を行い、基礎心疾患の有無も精査します。

頻脈となっている場合には、まず投薬治療が行われます。ただし致死性の不整脈の場合には、投薬と同時にカテーテルアブレーション治療やICD(植込み型除細動器)治療を行う場合もあります。 徐脈治療には、ペースメーカー治療が行われます。カテーテル治療や手術治療が必要な場合は早急に上位医療施設に紹介・搬送したします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME