メニュー

閉塞性動脈硬化症

次のような症状のある時は受診してください

下肢閉塞性動脈硬化症は、足の血管の動脈硬化により、血管が狭くなったり(狭窄)、詰まったり(閉塞)する病気です。足への血流が悪くなることで、足に栄養や酸素を十分に送ることができなくなるため、さまざまな障害が現れます。また動脈硬化は全身同時に進行するため、狭心症や心筋梗塞・脳梗塞などと合併しやすい病気になります。

症状によって大きく4つの段階に分けることができます。

Ⅰ度:無症状

足のしびれや強い冷えを感じる程度。皮膚も青白くなっています。ただ、こういった症状は日常的によく見られることから、閉塞性動脈硬化症を発症していることに気付かないことがほとんどです。

Ⅱ度:間歇性跛行

動脈硬化が進むと「間歇性跛行」という症状が現れます。間歇性跛行とは「一定の距離を歩くと、足が痛くなり歩けなくなるが、しばらく休むと、また歩けるようになる」という症状です。

Ⅲ度:安静時疼痛

さらに動脈硬化が進行すると、じっとしていても足が痛むようになります。安静時疼痛という症状です。ジーンとした痛みのために夜眠れないなど、生活の質(QOL)が低下してしまいます。

Ⅳ度:潰瘍・壊疽

最も進行した患者さんでは、動脈硬化により血液が届きにくくなった足先に、治りにくいジュクジュクした傷(潰瘍)ができます。足先への血流が全く流れなくなって、足先が腐ってしまう(壊疽)こともあり、最悪の場合、足を切断しなければならないこともあります。

当院の治療方針

末梢動脈の血流状態を確認する検査がABI(Ankle Brechial Pressure Index)検査です。足首と上腕の血圧を同時に測定し、その血圧差を比較して閉塞性動脈硬化症かどうかを判定します。正常時では上腕より足首の血圧の方が高めですが、もし足首の血圧の方が低ければ、足の血流障害が起こっている疑いがあります。

基本の治療となるのが薬物治療です。これらの薬は血管を拡張したり、血液を固まりにくくしたりすることで血液の流れを改善し、閉塞性動脈硬化症の進行や再発を予防し、自覚症状を和らげます。これに加え動脈硬化が重度の場合はカテーテル治療やバイパス手術の適応となり、その場合には適切な医療施設にご紹介いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME