メニュー

健康診断・特定健診

① 個人健診・企業健診

検査項目

雇入健診 

法定健診

(40歳以上、35歳)

Aコース Bコース Cコース
問診・診察

身長・体重

腹囲・BMI

血圧測定

視力・聴力

(オージオメータ)

検尿
胸部レントゲン検査 × ×

採血検査:

AST・ALT・r-GTP

HDL-コレステロール・中性脂肪・LDL-コレステロール

血糖

赤血球・白血球・血色素量・ヘマトクリット値・血小板数

×
心電図 × × ×
料金 8000円 7000円 6000円 4000円

 

② 特定健診

よかドック

福岡市在住で年度中に40歳~74歳になる国民健康保険に加入の方。

国民健康保険証に受診券番号が記載されています。

料金:500円

よかドック30

福岡市在住で年度中に30歳~39歳になる国民健康保険に加入の方。

国民健康保険証に受診券番号が記載されています。

料金:500円

 

※福岡市よかドック・よかドック30についてはこちらをご覧ください
http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/shika-eiyo/hp/main02.html

 

③ がん検診

・大腸がん検診

40歳代から増え始め、治療しやすいがんですが、患者数は増加傾向にあるので早期発見が重要です。高齢になるほどリスクが高くなります。

内容:2日間採便による便潜血検査

対象者:福岡市在住の40歳以上

料金:500円

・胃がんリスク健診

胃がんリスク分類とは、血液検査でピロリ菌に対する抗体(血清ピロリ菌IgG抗体)と、胃の炎症や胃粘膜萎縮の程度を反映するペプシノゲンを測定し、その組み合わせから胃がん発生のリスクを分類し評価する検診です。AC3群に分類し評価します。

内容:血液検査

対象者:福岡市在住の35歳、40歳

料金:1000円

・前立腺がん検診(10月、2月のみ)

かつて日本人男性には少なかった前立腺がんですが、高齢化と食生活の欧米化に伴い、中高年に増えているがんです。前立腺は男性の膀胱出口にある、ちょうど栗の実のような形をしたクルミ大の臓器です。働きとしては、前立線液を作り、精液の中に分泌しています。「前立腺がん」とは、この前立腺に発生するがんで、進行が遅く初期段階では自覚症状がありません。しかし、骨やリンパ節に転移しやすい特徴を持っています。

内容:血液検査(PSA測定)

対象者:福岡市在住の55歳以上の男性

料金:1000円

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME