メニュー

狭心症・心筋梗塞

狭心症

次のような症状がある方は受診してください

動脈硬化や血栓などで心臓の血管が狭くなり、血液の流れが悪くなると、心臓の筋肉に必要な酸素や栄養がいきわたりにくくなります。急に激しい運動をしたり、強いストレスがかかると、心臓の筋肉は一時的に血液(酸素、栄養)不足となり主に前胸部、時に左腕や背中に痛み、圧迫感、違和感を生じます。これが狭心症です。安静にしたり、ニトログリセリンを舌下すると血液不足が改善され痛みがとれます。痛みの持続時間は数分から15分前後で、ニトログリセリンが良く効きます。

心筋梗塞

次のような症状がある方は受診してください

心筋梗塞とは、心臓の血管が完全につまってしまい、心臓の筋肉に酸素と栄養がいかなくなり、その部分の壁の動きが悪くなってしまう病気です。心臓の壁の動きが悪くなると、ポンプとしての力が落ちてしまいます。症状としては、激しい胸の痛み、呼吸困難、冷汗、嘔気、嘔吐などがあり、長時間症状が持続します。

当院の治療方針

患者様の状態、冠動脈の病変の程度によってさまざまな治療方法が考えられます。 治療の原則は、現在の苦しみ(胸痛、息苦しさ等)から開放させること。将来危険のある心筋梗塞発作を予防すること。慢性的に弱ってくる心臓を治療し、悪化しないように予防することです。具体的には薬物療法、カテーテル治療、手術治療があります。カテーテル治療や手術治療が必要な場合は早急に上位医療施設に紹介・搬送いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME