メニュー

院長ブログ

新型コロナワクチン接種、いつから?どこで?(2021.02.20更新)

緊急事態宣言後の感染状況はいったん沈静化の方向に向かっておりますが、いまだ予断を許さない状況は持続しています。そんな中で2月17日から日本国内でも医療関係者の新型コロナワクチンの先行接種が開始されたことが報道され、ワクチンに関する皆様からのお問い合わせが多くなっております。

今回は日本におけるワクチン接種の流れと当院周囲の自治体(福岡市、大野城市、春日市)の対応について情報提供してみようかと思います。

接種が受けれらる期間

接種を行う期間は、令和3年2月17日から令和4年2月末までの予定です。最初は、医療従事者等への接種が順次行われます。その後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていく見込みです。なお、高齢者への接種の開始は、早くても4月1日以降になる見込みです。

接種回数と接種の間隔

2回の接種が必要です。ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種の対象や、受ける際の接種順位接種の対象や、受ける際の接種順位

新型コロナワクチンの接種対象は16歳以上の方です。大量のワクチンは徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っています。
 現時点では、次のような順でワクチンを受けていただく見込みです。なお、全国民分のワクチンの数量の確保を目指していますので、順番をお待ちいただく方々にも、後から順次接種を受けていただくことができる見込みです。
  (1)医療従事者等
  (2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  (3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方

※基礎疾患
1.慢性の呼吸器の病気
2.慢性の心臓病(高血圧を含む。)
3.慢性の腎臓病
4.慢性の肝臓病(肝硬変等)
5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
7.免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
8.ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
9.免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
11.染色体異常
12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
13.睡眠時無呼吸症候群
14.基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方

  (4)それ以外の方

妊娠を考えている方や妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方も、ワクチンを受けることができます。

接種が受けられる場所

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。インターネットで、ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場を探すための、接種総合案内サイトを設置する予定です。そのほか、市町村からの広報などをご確認ください。
 なお、次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを受けていただくことができる見込みです。具体的な手続きは、今後案内します。
  ・入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチンを受ける方
  ・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方
  ・お住まいが住所地と異なる方

接種を受けるための手続き

次のような方法で接種を受けることになります。
  (1)接種の時期より前に、市町村から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届きます。
  (2) ご自身が接種可能な時期が来たことをご確認ください。
  (3) ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。
  (4) 電話やインターネットで予約をしてください。
  (5) ワクチンを受ける際には、市町村より郵送される「接種券」と「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。なお、接種費用は全額公費(無料)で接種出来ます。

各自治体の対応

①福岡市

  • 接種場所の中心となる「地域のクリニック」(市内700か所程度)
  • 地域のクリニックを支援する「基幹的な病院」(各区2~3か所程度)
  • 土日も含め一定数の方に接種を行う「集団接種会場」(市内8か所程度)

・マリンメッセ福岡B館(博多区沖浜町)・なみきスクエア(東区千早4丁目)・博多南地域交流センター(さざんぴあ博多)(博多区南本町2丁目)・中央体育館(中央区赤坂2丁目)・南体育館(南区塩原2丁目)・城南体育館(城南区別府6丁目)・ももち体育館(早良区百道2丁目)・西部地域交流センター(さいとぴあ)(西区西都2丁目)

※これら施設等での接種のほか、高齢者施設等への「出張接種」を実施。

②大野城市

2月1日に「ワクチン接種対策室」を設置、接種時期や会場などについては、詳しい内容が決まり次第、ホームページや広報「大野城」でお知らせ予定。

③春日市

春日市における新型コロナウイルスワクチンの接種については、現在医師会などと協議し、接種場所や接種方法などの準備を進めています。具体的な接種の時期や方法については、決定次第、順次お知らせ予定。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

まだ未確定な情報が多いことから最新の情報については厚生労働省HPや新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口をご利用ください。

・対象:一般国民、医療機関等
・受付相談内容:コロナワクチン施策の在り方等に関する問合せ等

・電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
・受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME